| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
夜中に仕事。
相変わらず仕事が忙しい。
年に数えるほどしか「落ち着いた日」がない。
そして今夜もこれから仕事。

親に、
「ずっと納期に追われてるやないの。もうちょっと何とかならんの?」
と言われる。
私もそう思うけど。
けど、私の仕事は、こういうもの。

設計する人の次には、作る人が待っている。
沢山の専門分野の人達を通して完成させる仕事の、
計画とか設計というのは、初期段階。
ここが狂うと、スケジュールがすべて変わってしまう。
そこには沢山の人と、お金が絡む。
だから、納期に追われるのは、仕方ない。
そして何より、設計という部門は、「予想外の展開」が多々起こり、
「一からやり直し」レベルのことも、珍しくない。

限られた時間の中で、私の無能な頭をフル回転させ、
なんとか間に合わせるように全力で努力するから、
「お金を貰える」と、私は思っています。
仕事とは、そういうものなんじゃないかと思っています。


と、仕事への熱意は、まあまああるのですが、
「今夜、おかあさん、お仕事するからね。お利口に ねんねしてね。」
と息子に言うと、とても悲しそうな顔をされ、
仕事を始めてすぐ、側で寝ようとしている息子が、
「まだ〜?もうお仕事おわって〜〜〜」と言います。
これは私も、息子が可愛そうに思えて、辛い。

だから今日は、
「明日の朝、りゅうちゃんが起きる前に、おかさん側に行くから、
今日はおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に寝てくれないかな?」
とお願いした。

すると、しぶしぶ了承してくれた後、こんな手紙を渡された。

iPhoneImage.png
「ぜったい あさいちばんに きてください」


うう。泣ける。
おかあさん、がんばるね。
早起きもがんばるね。

目の前の壁に貼り付けた、この手紙を見ながら、
今夜もがんばります。





JUGEMテーマ:日記・一般

日記 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>